• トップ>
  • リハビリ>
  • 療育とリハビリとショートステイ☆ショートステイ中はお兄ちゃんとの時間(ウエスト症候群)

療育とリハビリとショートステイ☆ショートステイ中はお兄ちゃんとの時間(ウエスト症候群)

お出かけ・旅行
リハビリ

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 ウエスト症候群
気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) 上の子は次男くんの療育によくついてくるのですが、この日は幼稚園で不在。次男くん、療育中も気が緩むのかリラックスして寝る(^_^;)
その後、リハビリしたのちショートステイへ・・・
次男くんのショートステイ中には、いっぱい上の子のお相手をしています☆

ハウツー

この日は色んな楽器に触れて遊びました♪
目を閉じたままの次男くんの反応を促そうと頑張ったため、写真は撮り忘れ(^_^;)
最後の大泣きショットだけは撮れました!

チクチクする人工芝。
これは去年も触ったのですが、やっぱり痛くて大泣き~
大人が触ってもけっこう痛いかも?
いつもは嫌な時は「泣く」だけは出来るのですが、人工芝の場合は痛くて泣いて「足を引っ込める」が出来るんです(^^)
まだ手は上手に逃げれないんですが、足はとっても上手で何度もやっちゃいました(^_^;)
そしてお昼ご飯を食べて、そのままショートステイへ。
月に1度(だいたい3泊)利用させてもらっています☆
ちょうど1年前から慣らしショートを始めてからもう約1年。
もう慣れっこになったようで、お泊りのお部屋に入るとなんだかニコニコしています(笑)
母は今だに帰り道で思わず泣きそうになって我慢しますが(^_^;)
たくさん可愛がってもらってる証拠かな?
お部屋に入るとたくさんのスタッフさんが声をかけてくださるので、次男くんも嬉しいんだろうね(^^)
土日は長男の相手をたっぷりと(^^)
グランフロント大阪の「キドキド」へ行きました。
このボールプールで、「長男VS母」
投げ飛ばしたり、ひっくり返したり、蹴ったり、落としたり・・・
本気の戦いごっこをしてたら、周りの保護者ひいてました(笑)

コツ・ポイント

次男くんがショートに行くと、長男の「「母ちゃん抱っこ~ハート 」コールが止みません・・・
母ちゃん体がバキバキになって、何のためのショートなのかいつも分からないです(^_^;)
家族みんなでお迎えに行くと、にっこにこ笑顔で待ってた次男くん。
そしてしっかり者のお兄さんに戻る長男。
また1カ月頑張ろう☆

*星に願いを*~寝たきりっ子のキセキ~

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント