• トップ>
  • リハビリ>
  • できることをコツコツと☆お家でできるリハビリ(脳性麻痺)

できることをコツコツと☆お家でできるリハビリ(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開 呼吸器装着 経管栄養

実践者

保護者(母) 緊張からくる手足の角度やらに気を揉んでいたんですが、リハさんたちからのお話や日々の観察から、やっぱりとりあえずはこつこつできることをリハビリしていく、という結論しか出ず。
・体幹を鍛えること。
・バランスを整えること。
・力を抜くこと。
まあ、いままでとさしてかわりはしないのですが
・うつ伏せ練習
・歩行器遊び
・座位練習(座位保持椅子使用含む)
・靴の着用
を、意識してできるときにちょいちょいやってきました。
なにやら最近つーさん動き?が変わってきたような。

ハウツー

まず、うつ伏せ。
足浮いちゃってるのはよろしくないですが、最近頭を頑張ってあげて、お姉ちゃんが遊んでいる姿を追いかけます。
そしてなにやらもじもじと移動したりします!(いままではうつ伏せすると、手を舐めたりはあったけど位置はそのままだった)
今日は一回だけびよーんと伸び上がり?ながら移動してびっくりしました(笑)

ちなみに反りを利用してではあれど、自分で寝返りしての結果がこれです。 膝を含め伸展していることが多いつーさんですが、最近は写真のように膝を屈曲していることが増えました。
仰向けでも同様の形になるため、足裏でうまく床を蹴って背ばいするようになり。 動きが大きく、はやくなりました。
そして、行きたい方向に狙いをつけて?動くようなそぶりが増えました。
いままでは随意か不随意かわからなかったつーさんの背ばいですが、最近ははっきり意思を感じます(^^)
こちら甥っ子が卒業した歩行器。
歩くためではなく、おしりをつけて上半身を腕で支える練習を兼ねた遊び。
理想は、足をなるべくしっかり踵までつけたい。
後ろにガクンといかないようにクッション挿してますが、前よりしっかり頭上がるようになってきたような?!
もちろん保持するまでは到底いきませんが。

で、これまた最近バギー上で、サイドについてる半円パッドに手をついて頭を少し支えることをし出した様子をとらえた写真☆
キンバにはヘッドレストがないので、いままでは頭が落ちると俯いた姿勢でちーん、となってたけど、昨日、あえて手をついたのかたまたまそこにあったのかはわかないけど、右方向に落ちた頭を、右腕で押し上げて体勢を整えていました!(^^)
そしてそして、ひさしぶりのOTでは動きがよくなってきたなと感じていた指先の動きをお披露目♪
指をさわさわと動かしてお絵かき♡
パッドのいろんな色、つーさんが描きました。このアプリ、触れる度に色が変わって、音がなるの。面白かった!
やろうとして背中に緊張は入るものの(結果、肩がひけてしまう…)指先はとても上手!と言ってもらいました(^^)

コツ・ポイント

緊張強いとなにもかもできないので、なかなかいじいじとする毎日ではありますが。
それでも成長がみられるつーさん。
もちろん腕の内転がなくなった訳じゃないけど、緊張弛めばまだまだ許容範囲。
腕の使い方、もっと上手になったら。筋肉のバランスが整ったら。改善に向かうといいな。
緊張強くて何もできないときはすっぱり諦めてリラクゼーションに徹する、がいいですね、きっと。
頑張ろ(^^)

つきのあかり

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント