• トップ>
  • リハビリ>
  • 大好きなOTの先生☆技術はもちろん優しい笑顔と声かけに癒される(ウエスト症候群)

大好きなOTの先生☆技術はもちろん優しい笑顔と声かけに癒される(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 ウエスト症候群
経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 病院にてリハビリは、PTとOTの二本立てコースでございます。
行きの車は爆睡して準備万端で臨んだあんちゃんですが・・・

ハウツー

なんと…
かつてお世話になったママの大好きなOTさんが通りがかったー!
そしてあんちゃんに触ってくれた~♪( ´▽`)
四月に療育部に異動されて涙のお別れをしてもうすぐ一年経とうとしています。
ひまわり教室に来てくれた時も、年に3~4回来られるうち結局一回しかこの先生のOT受けられなかったし(T_T)
でも、今日たまたま病院の方に来られたところにあんちゃんがいて、立ち話しながらずっと見てくれた~!
普段一コマ50分あるのかな?そのうち30分以上いてくれました。
くそ忙しいカリスマOTさんなので、ほんとにラッキーとしか言いようがありません。
「なーあんちゃん。小さい頃から知ってるよしみやな。」ってずっと手を握りながら話してくれました。
PTさんと真剣に話しながら、アドバイスしてくれて。ゴッドハンドが二人~♪( ´▽`)
贅沢な時間を過ごせました。
あんちゃんよかったね。ママも嬉しかったー。

技術的なことはもちろん、ママがこのOTさんが好きなのはあんちゃんへの優しい笑顔と声かけです。
「あんちゃん、おおきくなったねー。もうおねえさんになったんやもんな。T先生(PTさん)とがんばってるんやな。」って。
反応が良くなってるね、と褒めてもらったり、骨が急激に伸びてるから筋肉ついてくるかが問題やね、と心配してもらったり。
手を握りながら優しく声かけてもらってるのを見ているとママジーンとしました。
あ~やっぱりこのOTさんにあんちゃんの体を触ってほしいな、って改めて思ったのです。
去年の四月、まるで恋人と別れるかのように辛く悲しい思いでお別れしたのを思い出し、よりを戻したいのに戻せない、そんな切ない恋愛中かのようなママの乙女心(笑)
もう担当じゃないのに年末年始入院してたのもちゃんと知ってくれてたしね。
そーゆーところ、大好きです。
でも、今のPTさんが異動せずあんちゃんを担当してくれてる間は今のPTさんと頑張るって決めたし。
あんちゃんの笑顔を引き出してくれたのはこのPTさんやからね。
ただ・・いまはわろてられまへん(笑)
またOTさんに触ってもらえる時がありますように。
その時に良くなったね!とほめてもらえるよう、あんちゃんこれからもがんばろなー!
ママの切ない片思いはまだまだ続くのです(笑)

ケアチャネルより一言

あんちゃんだけじゃなくお母さんとの信頼関係も素敵です☆
いい先生に出会えるかどうかは巡り合わせかもしれませんが、こんな先生がたくさん増えればいいですね(^^)

あんちゃんのペース☆

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント