• トップ>
  • リハビリ>
  • 靴型装具と普段履きにスノーシューズ☆お出かけとリハビリで使い分け(気管切開)

靴型装具と普段履きにスノーシューズ☆お出かけとリハビリで使い分け(気管切開)

移動
リハビリ

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 気管切開

実践者

保護者(母) 去年、両側足底装具(いわゆる中敷き)をつくり、それに合わせて新しいハイカットシューズも購入したさきぽん。
大きめを作ったとはいえ、1年以上経ち、指先が少し当たるようになってきたみたいで本人も気にしていました。
サイズも変わったってことで新しく作り直しを。。。と相談した結果、今回は靴型装具を作ることに。

ハウツー

普段、療育のリハビリや通園活動中には、足首にウェイトをつけることにより安定性を増しているさきぽん。
※一個250グラム。100円のお店で買えますよー。

これをつけて動いているほうが、ふわふわしなくて安定して歩行でき、転倒も減り、また、同時に筋トレにもなり重宝していました。

なので、さきぽん、扁平足はそんなに激しくないし、足の形もそんな悪くないからもう市販の靴でもいいけど、重さが欲しいのでインソールも付いているし一足くらい、靴型装具作っちゃお!
てな流れです。
これでーす。オートペディシューズ(整形靴)っていうんかな?16センチです。
インソールもきちんと型を取り作ってくれて、今回は手帳で作りました。
自己負担1割で、約1万円。
ありがたや。。

重さがあるので疲れて長くは歩けないみたいだし重いから気分も乗ってないとすぐ脱いじゃうんだけど。。
でも安定感はばっちり。

療育やしっかり歩くような場面で使っていきたいです。
あと、これはネットで見つけて試しにポチっとしたやつ。
さきぽんのお気に入りです。
アシックスのスクスクミニのハイカット。
スノーシューズなんだけど色もベースがエナメルの白と黒で、ラインも何種類かあってかわいいし軽めだけど、足首しっかりしていてスノーシューズだけに足首まわりもがっちり隙間なし。
こちらも16センチ。
しかも水に強く、滑りにくい。
雨降りの時に履かせる靴にいつも困っていたので嬉しい!
もちろん雪や雨降りでなくても使えるよ。
PTの先生にも見てもらったら
いいかもー!ってことで普段履きに採用(≧∇≦)

ケアチャネルより一言

整形靴、パッと見た感じ装具っぽくないですね。かわいい(^^)
スノージューズも普段に使えそうとのことで、いいのが見つかってよかったです☆
靴は履かせやすさとともに、機能面やデザインも選ぶポイントですね。

たまさき日記 ★1362gで生まれたたまちゃんと、560gで生まれた気管切開児のさきぽんの成長と日常を記録しています★

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント