• トップ>
  • リハビリ>
  • リハビリグッズ☆手ぬぐいの活用と手作りストレッチポール(人工呼吸器)

リハビリグッズ☆手ぬぐいの活用と手作りストレッチポール(人工呼吸器)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 気管切開 呼吸器装着 経鼻経管栄養

実践者

保護者(母) 年度が変わり、じゅんじゅんは通うリハビリセンター併設の療育センター通園(医療型児童発達支援)の月二回クラスに通うことになりました。
訓練のPT、OTの先生も変更です。

ハウツー

先日新旧の先生引き継ぎの際…
ストレッチポール活用を提案されました!!
ただ、ストレッチポールと同じくらいしか体の幅がないじゅんじゅんがこれをそのまま使うと
ちょっと…(^_^;)

「ママ作る気あるなら材料あげる!」
と言ってもらった…作るしかない!

頂いたのは
サランラップの筒2本
柔らかいウレタンシート

自分で用意したのは
生地
マジックテープ
スゲー簡単なつくり…
一番たいへんなのはウレタンシートをキレイに切る&巻くこと。
ただ、寸法あわせて、端をミシンで縫ってマジックテープつけただけ…
こんな感じで使います。
ママの足の間にじゅんじゅんをはさみつつやります。
あら、じゅんじゅんニコニコしてる
背中~肩回りの緊張がゆるみます☆
これは訪問リハビリでアドバイスを受けて即席作製しました。
バスタオルを手拭いで包んで結んだだけ…
使い方は足を交差しないように挟みます。
パパのハンカチ代わりだった手拭いはじゅんじゅんのものに…

ケアチャネルより一言

いい笑顔(^^)
お家でもリハビリできるようにいろいろな工夫と提案をしてくださいますね!
リハビリはほんと積み重ねなので、日々の生活の中でうまく取り入れられるというのも大事です☆

skyskyskyのブログ

※記事内で紹介している作製方法・作製物等は、あくまで実践者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、お客様が作製された物を含め、当社において安全性等において何ら保証するものではありません。実践される場合には、利用する製品の強度・使用方法等をお客様ご自身でご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント