胃ろう後のいろいろ2☆運動能力について(気管切開)

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) 手術を受けてしばらく…3ヶ月くらいは、運動能力がガタ落ちしていました。
自分で起き上がったり座ったりすることが一切なくなり、
リハビリも以前に比べると嫌がるような素振りを見せるようになっていて。

手術で腹筋を切ったことによる、一時的なものだと、リハビリの先生たちは言ってくださっていましたが、私はとてもショックを受けていました。
もう座れなくなったのかも…と。
手術を受けたことで、ふたばの力を失わせてしまったかも…と。

9月に2回も肺炎で入院したことで、さらに運動能力は落ちてしまったように感じていました。

そんな状態が続いていましたが、10月に入り保育園の運動会が終わった頃から、
なぜかふたばのテンションが一気に上がり始め、
昼寝もせずに遊んだり、夜遅くまで起きて体を動かしていたりするように!

術後4ヶ月くらいで、また自分から起き上がって座ったり、寝返ったり、
腹筋を使うような動きをするようになりました。
さらに、ものにつかまって膝立ちをしたり、そこからつかまって立つことも
少しずつ増えてきました!

ハウツー

ある晩、とっくに寝たはずのひとみが「ママーー!!」と大声で呼ぶので、
びっくりして寝室に行くと、
「ふたばが立ち上がってる~~!」

こんな風に、ベッド(まだベビーベッドを使っております( ^ ^ ;))の柵につかまって膝立ちし、
そのまま立ち上がって、ひとみの寝ているベッドの方へ降りようとしていたそうです(☉o☉)

その数日後は、ベビーベッドからでんぐり返りをして柵を乗り越え、
ひとみの寝ているベッドまで転がっていました( ^ ^;;)

ベビーベッドが危険になってきた~~!
リハビリの時間は、やたら膝で歩きたがっています。
↑膝歩き

他にも、何かにつかまって立ったり、もたれてつたい歩きのようなことをしたり
手術前の運動能力を超えた動きをするようになって、ほっと一安心しています。

胃ろうの手術…よっぽど痛くてショックだったんだろうな(TヘT)
でも、運動能力が回復したようで良かったです!

ケアチャネルより一言

一時的だと言われてもやっぱり今までできてたことが、できなくなったら不安ですよね(^_^;)
でもしっかり回復して術前を超える動きをしている様子でほっとひと安心☆
これからも一歩ずつ成長を見せてくれそうなふたばちゃんです(^^)

ちいさなふたば

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント