• トップ>
  • リハビリ>
  • リハビリ入院3週目まとめ☆術後のPTやOTや保育の状況(ウエスト症候群)

リハビリ入院3週目まとめ☆術後のPTやOTや保育の状況(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 4歳
診断・症状 出血後水頭症 ウエスト症候群
胃瘻

実践者

保護者(母) 股関節脱臼の手術(筋乖離)の後、リハビリ病院に転院してがんばってるようちゃん(♡_♡)

先週はRSで強制送還。自宅でのリハビリになってしまいました(꒪д꒪)lli|術後の不安定なようちゃんのアンヨを必死にマッサージ。曲げ伸ばしも泣かれながらも、がんばりました。

いよいよ帰還して、リハビリ再開(▼◡▼)

ハウツー

PT
シャーレ(ギプスを半分に切ったもの)を外してようちゃんの足を見たPTさんが、、、
「無事に戻って来てくれたね!」
って(*´ω`*)♡

勝手に誉められたと捉えております( ̄∀ ̄)

「大丈夫そうだから脱出しよう」

ということで、ようちゃん、シャーレから脱出(o▼ω▼o)

台の端を利用して、足を閉じないようにして、お座り。
「脇腹、手付かずだねー。耕したことのない畑って感じ」
は、はい、確かに脇腹、耕したことなかったです (ŎдŎ;)

耕して下さいました!

「足は手術もしたし、必ず整っていく。大切なのは他。足が整ってもお腹ブヨブヨで、背中曲がって、首が短ければ、何の意味もない。他のメンテナンスもがんばりましょう!」

はい(;☉∀☉;)
「背中もまだまだ皮ふが足りない。サイズの小さい洋服を着せられて、キツキツな感じ。」

はい(*≧ε≦*)エステがんばります。

「側弯はないけど、左右差がある。」

右向きでばかり寝てるからですか??

「タマゴが先かニワトリが先かじゃないけど、この背中だから右向きが寝やすいのかもしれないです。」

右向きにならないように工夫して寝せるべきですか??

「睡眠は1番大切なので、夜は好きなように、寝れるように。日中がんばりましょう。」
大泣きしながらも、がんばってます(*‾◡‾*)

ずっと泣いてる訳ではないです。何に困ってるのか、ちゃんと考えて、アプローチしてくれます。

"泣くからやめる"のではなく、つっぱって痛いなら、つっぱらないように。

怖くて泣いてるなら、安心出来るように。(台に座らせるのではなく、抱っこにするとか、フカフカのクッションにする等)

何に困っているのか、何を成長させたいのか、その為にはどうしたら良いのか。何が必要なのか。環境を整え、用意して、誘いかけ、やり方を示す。

PTというより、すべてに通ずることですよね(*‾◡‾*)

PT後はようちゃん、ビヨヨーーーンと伸びてます↑↑↑

背中ピーン(☉o☉)驚きです。

また翌日には丸まってしまいますが、3歩進んで2歩下がる。3歩進んで3歩は下がらないようにして、少しずつ、少しずつ進んでいきたいです。

※装具の仮合わせもありました。別で書きます。
OT
まだシャーレなので、バギーを降りて出来ることがないので、お部屋でやっています。

お部屋にようちゃんのおもちゃを設置してくれました♪

上が紐。風船と鈴が付いていて、下がゴムになっていて、ようちゃんが引っ張るとボヨンボヨンします。

そのボヨンボヨンする感覚が楽しくて、ようちゃん大ウケ(*^▽^*)

おもちゃを握れば口に持っていき、カジカジしかしなかったようちゃんが、ひっぱって楽しんでました(♡_♡)
その隙にすかさず、左手のマッサージ。さすがです。
ビーズ(のれんを切ったものらしいです)を握らせて、手が少し緩んだ隙に、スルスル〜っとビーズをひっぱって手のひらにビーズのボコボコの刺激を入れる。

これにもようちゃん大ウケ(*^▽^*)

カジカジしようともしてましたが、スルスル〜っと抜ける時のボコボコの刺激を楽しんでました。

もっとやって、もっとやってって感じに、期待しながら、遊んでました(。'‿'。)

レインボースプリングも、握ったら、すかさずボヨンボヨンボヨンボヨンさせて、楽しませる。カジカジさせないで遊ばせる。ようちゃん大ウケ(*^▽^*)(*^▽^*)(*^▽^*)

アプローチの仕方次第で、ようちゃんも「遊べる」ことが分かりました(o▼ω▼o)

カジカジさせるのもまだまだ大切らしいですが、私の「カジカジするだけで、おもちゃで遊べないんです」という悩みは早くも解決。

遊べますね( ̄∀ ̄)
私、確か、幼稚園の先生を10年もやってた気がするのに、なんだかとっても大切なことを色々と、、、うっかり忘れてました。というか、先生やってたこと、忘れてた。。
右の脳室に出血しちゃったので、左側の麻痺が強くて、左手はまだ握り込んでいることが多いです。特に親指。

そしてまだ左手は使えない。右手で左手を持ってしゃぶったりしてるだけ。「なんだこれ」って思ってる感じ(*‾◡‾*)
使える手にする為に、このようにマッサージ。

両手で包み込むようにして、開いてあげるのも良い。

開いてきたら、ぐるぐる〜っと大きく肩回し。手のひらは、なるべく上。「ちょうだいの手」が重要。
ぺこーなさんの装具もとても良い(また詳しく書きます(*´ω`*))
ここの筋肉が固い。真っ直ぐ向けるように、マッサージをする。

何筋だったかな、、、。ぺこーなさんおすすめの筋肉の本、買おうと思います( ̄∀ ̄)筋肉マニアになりそうだ!あ、鍛える方のじゃなく。。
保育
RSが流行ってしまった影響で、個室の子と大部屋の子を分けることになり、毎日ではなく、週2〜3日になってしまいました(꒪д꒪)lli|

楽器演奏、ボールプール、シーツブランコなどを楽しんでいるようです。

保育のない日は、なるべくお散歩に出ようと決めました。

ようちゃんと私の為。室内にこもってるとダメになるタイプなので。。

大股開きのようちゃんと2人での散歩はハラハラしますが、骨の成長にも太陽の力は必要なはず

明日からもがんばるぞー!

ケアチャネルより一言

リハビリ入院は短期集中リハとともに、お家で実践するための参考になるのが嬉しいです。
的確なアドバイスは本当にありがたいですよね☆
途中抜けましたが、後半もしっかり頑張ってね(^^)

重症心身障害児ようちゃんの笑顔

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法(・作製方法)を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や(具体的な名称あれば:骨折防止の効果)症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。実際に実践される場合には、当該対象者に対して実践可能な方法かどうかなどについて、医師等の専門家にご相談の上、かかる専門家の指導の下、実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント