• トップ>
  • リハビリ>
  • 病院の違いとバギー調節☆新しいリハビリ体験(脳性麻痺)

病院の違いとバギー調節☆新しいリハビリ体験(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 脳性麻痺 胃瘻

実践者

保護者(母) 昨日、県外の病院2回目の受診
診察の前、9時15分~リハビリを入れてあったので朝早くバタバタ
ここで初のリハビリ
どんな事やるのかな!?いつものとまた違うんだろうな~って楽しみにしてました

ハウツー

ここでやるのは「上田法」
脳性麻痺などにみられる筋肉の緊張を和らげる。
そして筋肉の固さやつっぱりがとれると手足、体のゆがみや変形が矯正され運動機能が向上する。

そんな治療法だそう
弟の反れは右側にねじれる。

初めての先生でドキドキ…
❔ まずは弟を抱っこして背骨の曲がり方や反れ方など丁寧にみてもらい
緊張が和らぐマッサージの場所ややり方を教えてもらった!
首の後ろ
背中
反れにくい体勢を作る事。
バスタオル丸めて足の所に入れてあげたり背中が浮かないようにタオル入れたり。
写真は喜んじゃって力入ってますけど

すごく弟に合ったリハビリだと思いました。
学ぶ事いっぱい!
リハビリだけのために遠くまで通うママさんの気持ち。すごくよく分かりました。
通う価値があるなって。
地元だけでいいやって思ってたけど今は行く気満々です

整形の診察。
今の弟は力ずっと入ってるわけじゃなく抜ける時は抜ける。そして楽しい時によく動いて笑う。
装具でその動きを止めるのは少しもったいない。ずっと力入って固まってる状態ならすぐに作るといいけど…という事で弟の様子を先生とみながら考えてく事に。
その後、装具の方にバギー調節してもらいました
弟の形に合うように♪
今まで上から見てフラットだったのが弟に合わせて真ん中がくぼんだ感じに
そして背中が曲がってて体が浮くので背中の所が盛り上がる形にしてくれた
反れない形に。ここでもそう言って一生懸命やってくれました
なんか…びっくりする事ばかりで
いつもの病院。反れるのが1番困ってる事を伝えると…
薬が効いてないんですかね。
ほかの薬試すか…
こういう子は多少の反れはしょうがない。
って言われて終わり。
そして起きてると力入って足を曲げてる事が多いから寝て力抜けた時に伸ばしてあげてマッサージすると言ったら「それはやる必要ないでしょ」とアッサリ言われた

おっと…やばい悪口がつい、この辺でやめておきます。

そして県外の通いはじめた病院。
弟が反れないように。反れないために、こうした方がいいよ。アドバイスをいっぱいくれる。
バギーの調節だって長く抱っこしてくれて背中の曲がりの状態。反れ方を丁寧にみて弟が反れにくい体勢を作るため頑張ってやってくれた
家にピットがあるって言ったらそれこそ調節したいよね!?
今度持ってきてくれればやりますよ~って

また来月リハビリとピット調節してもらいに行きます
なんか嬉しくて嬉しくて
感謝です☆
病院を出て犬がいっぱいいる所へ遊びに行きました
弟楽しそうでした
別の場所でドラム体験も

なんかすごく充実した1日でした
春休みなのに遠くの病院って大変ねって周りは思うかもしれないけど、知りたい事いっぱい、いい人いっぱい楽しかったぁ

ケアチャネルより一言

リハビリと一口で言っても、アプローチの方法はたくさんあって、何が合うかはそれぞれあります。しっかり見極めて選びたいところです(^^)
知りすぎると迷うかもしれませんが、やっぱり選択肢はたくさん知っておいたほうがメリットがありますね☆

ミュウミュウのブログ

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント