• トップ>
  • 姿勢>
  • 気管切開と胃瘻でもできる☆うつ伏せの姿勢でリラックス(ウエスト症候群)

気管切開と胃瘻でもできる☆うつ伏せの姿勢でリラックス(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 ウエスト症候群
気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) 息子が産まれてからずっとお世話になっている訪問リハの先生に、今日のリハビリでは、リラックス出来る「うつぶせ」を教えてもらいました♪

ハウツー

以前は何度もやっていたけど、胃ろうと気管切開をしてからあんまりやってなかったうつ伏せ。
私の膝の上では出来るけど、長時間は無理なので、タオルで補助できるやり方です♪
タオルをドーナツ型にして、胃ろうが真ん中にくるように、うつぶせを。下に敷いているのは、ニトリで買ったリクライニング出来る座椅子。フラットにして使っています。足を置いてる所が少し高くなっているので、体が斜めになって痰があがってきやすいです。
ご注意かかる専門医のアドバイスのもとでおこなってください。
顔も横に向けてるので、気管切開部も当たってないです。でも心配なら、胸のあたりにタオルを敷いて高さを出せば大丈夫!気道が確保されて、ゴロゴロいってた痰もなくなりました。いつも仰向けで背中に溜まりやすい痰も、うつぶせする事で重力で落ちてきます。

コツ・ポイント

うつぶせ中はしっかりモニター管理して、側で見ておく事が大事です。苦しくなければ1時間くらいして大丈夫みたい。とっても楽そうだったので、これから毎日取り入れてあげようと思います♪

*星に願いを*

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント