• トップ>
  • 姿勢>
  • 久しぶりのリハビリで再確認☆息子の大好きな円筒形クッション(難治性てんかん)

久しぶりのリハビリで再確認☆息子の大好きな円筒形クッション(難治性てんかん)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 難治性てんかん

実践者

保護者(母) 下の子が生まれたのでしばらくお休みしていたリハビリに行ってきました。約2ヶ月ぶり。PTはいつもの総合病院です。生後4ヶ月からお世話になっている優しい先生と久しぶりの再会でした。

ハウツー

久々なので体の様子をみてもらったり、マッサージをしてもらいました。うつ伏せゆらゆら〜大好きです☆
でも、少しつっぱっていたようで「以前より緊張強いですかねぇ?」と先生。試行錯誤の結果、やはりこれが落ち着きました♪
あ〜これだよこれ。と言わんばかりの顔(笑)
このバウムクーヘン(私命名)ほんとに家にほしい。作ろう作ろうと言いながら、なかなか取り掛かれていないんですけどね^^;
それと最近気になっていた足のこと。右足と左足で開き具合が違うのをよく目にするようになっていて、右足が結構外に向いているなぁと思っていたんです。バギーを取りに行った時、OTの先生に聞いてみると、「結構開いてるかなぁ。これが続くと脱臼に繋がりやすいかもしれないですね」ということで・・・
今回、PTの先生に診てもらったところ「きちんと揃えると長さも一緒だし。まだ大丈夫ですよ」と言ってもらえて一安心。
でも基本的につっぱると足がピーンとなってしまうので、放置しておくと脱臼にもなりかねない。
今までもやっていたカエル足にする体操(マッサージ?)をより入念にやろうと決意を新たにしました。
(写真は片手ですが、いつもは両手でそれぞれの足を持って上下に動かしてます)

コツ・ポイント

次から次へと悩みは消えませんが、何とかなると信じてやっていくしかないですね☆

たいようの笑顔

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント