• トップ>
  • 姿勢>
  • レスパイト中の病院での座位保持☆手作りクッションといっしょに(脳性麻痺)

レスパイト中の病院での座位保持☆手作りクッションといっしょに(脳性麻痺)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 脳性麻痺
気管切開 呼吸器装着(人工鼻併用) 胃瘻

実践者

保護者(母) レスパイト中の病院で面会でした。
ロッカーの上に置いてあった座位保持椅子、入院中はずっと横になってるので、ひと声かけて貸してもらいました(^^)

ハウツー

久しぶりに座らせたら、椅子がだいぶ小さい・・・
イヤイヤ、娘たんがだいぶ大きくなってました(^_^;)
タオルだと頭が安定しないので、先日作った抱きクッションを入れたら結構安定しました♪
看護師さん「もっと大きいサイズのもあるよー」とリハ室に大きいのを頼んでくれました。
ワンサイズ大きいので丁度良い感じ♪
私が居ない間も、時々座らせてもらおうと思います☆
泣かないで座ってられるとよいなー(^^)

ケアチャネルより一言

レスパイト中でも、ただ寝かせてもらうだけじゃなく、座位をとったりリハビリにつながることをしてくれるのは嬉しいですね☆
手作りクッションも役立ちそうです(^^)

かいらなの在宅生活♡重心児との日常&工夫

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント