• トップ>
  • 姿勢>
  • 新しいプレーリーくん外来受診☆側弯対策に向けて計測と採寸(痙性四肢麻痺)

新しいプレーリーくん外来受診☆側弯対策に向けて計測と採寸(痙性四肢麻痺)

姿勢
お出かけ・旅行

対象者

性別
年齢 8歳
診断・症状 痙性四肢麻痺
胃瘻

実践者

保護者(母) 2年ぶりに大阪発達総合療育センターまで(南大阪療育園)受診へ行ってきました。

ハウツー

今回の目的は、側弯の経過観察とプレーリーくん製作(^^)

だいちはただいま成長期で身長が伸びてきました。
それに伴い縮こまった筋が伸びていく背骨を引っ張ってしまって…

側弯が超悪化傾向に(>_<)
横に曲がるだけでなく捻りも入っちゃって・・・

うぅ~ん…
なんとも言いようのないレントゲン状況です(^_^;)

側弯オペに関しては…
5年前に名古屋の病院受診際に整形Dr.より分かりやすくメリットとデメリットの内容を聞いた結果、オペはしない!の方針の我が家☆

今できることは…
ってことで外からのアプローチ(ストレッチ)とプレーリーくんでしのいでいるところです。
新たに、プレーリーくん製作中です☆
胃瘻とバクロフェンポンプの位置をチェックしてもらって(^^)
出来上がりは来月…
仮合わせが楽しみです♡
受診と共にお楽しみも…
IKEAに寄ってきました\(^o^)/
ご注意プレーリーくんとは側弯矯正装具のことです。詳しくはこちら
※ご利用には医師の処方が必要です。

ケアチャネルより一言

一番合っている方法を探すには、まずは選択肢を知ること、そしてメリットデメリットをきちんと説明をしてもらうことが大事です。
矯正補正具を選ぶかオペを選ぶかの場面以外でも言えますね☆
だいちゃん仕様のプレーリーくん、今度もカッコイイのができるかな(^^)

のんびりのんびりだいちくん!

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント