• トップ>
  • 姿勢>
  • 装具診☆座位保持を試乗してみて(二分脊椎症)

装具診☆座位保持を試乗してみて(二分脊椎症)

対象者

性別
年齢 8歳
診断・症状 二分脊椎症

実践者

保護者(父) 「これしかないよね?…」
ほぼこれに決めてた
きさく工房のTRK(L)サイズ。

ハウツー

試乗により発覚した
"既にサイズアウトしそう"な現状。(;☉∀☉;)
( ;∇;)ミチミチ…
( ;∇;)キツキツ…
先生と業者さんとしばし話し合って
「既製品の物では合う物がないのでは…」
に至り、工房椅子にすることになりました。
工房椅子の業者さん。
とてもタイミングがよくて
大きい子ども用の物があり
試乗することができました。

( ゚_゚ )おっ…

( ̄∀ ̄)いいんじゃないか…
( ̄∀ ̄)キャスター有り…
( ̄∀ ̄)足元も余裕あり…
( ̄∀ ̄)ベルトも留まりました…
(*´ω`*)しっくりきてます…

どうなることかと悩んだママでしたが
思いがけず工房椅子がしっくりきて
安心できました。
ただ、、、

仕上がりはかなり先の様です
この時期は仕方ないですね。

ケアチャネルより一言

座位保持は、より合うものを探していくとやっぱりオーダーメイドに行き着くかもしれません(^^)
実際に座ってみるとその良し悪しがわかるので、たくさん試乗してみることも大事ですね☆

だいだいだい好きな宝物

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント