愛用しているシリコン製の耳栓☆音に過敏な息子の必需品(CFC症候群)

睡眠・リラクゼーション

対象者

性別
年齢 5歳
診断・症状 CFC症候群

実践者

保護者(母) 先日テレビにて耳栓の特集がありました。
うちが耳栓必須なことを知ってるお友達からLINEがきて思い出し、危うく見逃すところでした(^_^;)
紹介されたものの中に、とーち愛用中の耳栓がありました!

ハウツー

これはかれこれ、2年近く使ってる。
とーちの友達ののママが教えてくれて。
中耳炎を繰り返す子でもこの耳栓をつければプールに入れるそう。
子供には大きいので、半分にして使ってるので12回分で1000円ちょっと。
本当は半分にして使わないよう注意書きには書いてあるので、自己責任です。

シリコンなので、自由自在に型がかわり、汚れたらかえればいいし、落としてもこの値段なら惜しくない、うちでは外出の時は必ず予備も持って行きます。

『耳栓持った?ご飯持った?オムツ持った?』
が、家族で外出する時必ず確認すること。

これをつけても音が聞こえないわけではなく、音過敏のとーちの苦手な音がやわらかくなる感じ。多分。

ザワザワした音、大きな音、盛り上がってる声、急な高い音が苦手なとーち。
体調で耳が更に敏感になり紙を破る音、食器のちょっと当たった音でビクつくことも。
この耳栓のおかげでディズニーもディズニーマジックだけではなく楽しめました(^^)
その前に使ってたのは空気が通るようになってるので、飛行機に乗るときの耳抜きが苦手な人にいいらしいです。
これの難点はすぐはずれること。
すごく高いわけではないけど、外れたら探します(笑)

ケアチャネルより一言

音への過敏というのは、見た目以上に大変です。イヤーマフやヘッドホンなどを使っておられる方もいますが、シリコン製の耳栓は使い勝手がよさそうです(^^)

のんびりゆったりと。

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント