パパ直伝☆取れにくい排痰、腰痛マッサージでリラックス(難治性てんかん)

睡眠・リラクゼーション
専門職ハウツー

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 難治性てんかん 胃瘻

実践者

保護者(母) ゼコゼコと痰が絡んで苦しそうな時にうちでやるマッサージの方法です。

パパは、身体のプロの医療従事者、、、。
ゆうのすけは、小さな頃から家でマッサージや整骨、小児鍼をして貰っています。

ハウツー

痰が絡んだ時に、苦しそうだなと思って鼻からカテーテルを入れて吸引しすぎると鼻血が出てしまうしやっぱり奥が取れない、、、(T-T)

そんな時は、こうしています。
わかりやすくハートスパッツで笑

うつ伏せでお腹の上に乗せる、、、。
そして、背上辺りを軽くトントン(赤ちゃんの寝かしつけのような)したりさすってあげたり、、、。
そうすると、ゴボッ!と、痰を吐き出してくれます。(タオル必須)
うちはこのやり方で大体取れます。
その流れで腰のあたりもマッサージします!
お尻骨盤の少し上のあたり(☆)をさすってあげるとお通じマッサージ、寝たきりの方は、腰痛マッサージにもなります。

この体勢は、抱っこされてる気分なのかウトウトと、、、そのまま寝たりします。 胃瘻は痛くないのかな?と、思っていましたが気にならないみたいです。

パパ曰く、子供の骨はとても柔らかく、しなるけど上から強く押したりすると簡単に折れてしまうことがあるからあくまで優し~く!摩るだけでも十分刺激として入るそうです。

あくまでうちのやり方ですが、看護師さんや先生と相談してからこの姿勢をとって良いか確認した方が良いと思います!
良ければ、なんでもない時にでも。
ママと子供も楽チン抱っこ気分でリラックスできます(o^^o)

ケアチャネルより一言

ママさんの体勢もラクそうですね(^^)
排痰の悩みはみなさん尽きないと思いますが、パパさん直伝のこの方法、参考になりそう☆

ゆうのすけのWonderful Life

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント