• トップ>
  • トイレ>
  • 夜間頻尿の睡眠不足ストレス☆お医者さんの何気ないアドバイス(高齢者)

夜間頻尿の睡眠不足ストレス☆お医者さんの何気ないアドバイス(高齢者)

対象者

性別
年齢 65歳
診断・症状 前立腺肥大症

実践者

家族(妻) 夫は前立腺肥大症があり夜間複数回トイレに起きることがあります。夫が起きると私も目が覚めてしまい、夫はそのまますぐに眠れるようですが私は寝付けず睡眠不足に・・・。という状況でした。睡眠不足なことがストレスでイライラしてしまう日々だったのですが、かかりつけ医に相談したところ、助言していただき気持ちが軽くなりました。

ハウツー

夫は前立腺肥大症がありますが、経過観察中で特に治療はしていません。そのためかどうかは不明ですが、夜間トイレに 起きることが多いと3回ほどあります。
夜トイレに行きたくなるのが嫌だから・・・と水分を取らないようにすると脱水も心配ですし、仕方ないとあきらめていました。
私まで慢性の睡眠不足になり、困っていたのでかかりつけ医に相談しました。夫については薬物治療を開始してみようということになりましたが、私にも助言してくださいました。
先生が「夜に眠れていない分、少しお昼寝をしてリラックスしたらいいですよ。寝れない!と考えてばかりいることがかえってストレスになりますよ。どうぞお昼寝してくださいね。」と勧めてくださったんです。
お昼寝をすることは全く頭になかったので、「そうか!」と気づかされ早速お昼寝をしたところ、疲れが取れる気がしてリラックスできました。

コツ・ポイント

夜間に起きること自体はそんなに変化していないのですが、明らかに夫のイライラも軽減し、夜眠れないことへの焦りも減りました。何気ない言葉ですが、気持ちを切り替えられる助言をもらったことに感謝しています。

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント