ディズニーランドへ☆ミキサー食キャラ弁持参の巻!(難治性てんかん)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 難治性てんかん
胃瘻

実践者

保護者(母) 今回はディズニーランドのアナ雪パレードに行って来ました!
とても寒かったけど天気がよく眩しかったです。

ハウツー

上はスノーボードウェア、ミニーサングラスのゆうのすけ君。
ジュニアサングラスは車でも使えるから優れものです笑
ニトリのフランスパンクッションに人形達と頭が安定するように計算して作ったパン枕。
いつもディズニープロの先輩お兄ちゃんと先輩ママに連れて行ってもらっています。

園内に入ったらインフォメーションに行きアシスタントカードという車椅子の優待パス(これがあると予約時間に行くだけでほぼ並ぶ事ないっていうパスでアトラクションによっては載るギリギリまで車椅子を寄せてくれます)
とベビーカー使用の車椅子のお子様に貼る目印のシールを貰います。
パレードを観た後にれすとらん北斎でランチ。
ゆうのすけはいつもお昼はお弁当持参、夜は注入にしています。
ディズニーは原則、お弁当などの飲食物持ち込み禁止ですがアレルギーの関係や特別な食事が必要な人はOKとなっています。(問い合わせ済)

今回のお弁当はアナ雪イベント中なので
ツムツムオラフひじきご飯とクリームベーコンコロッケです。(全量180ml)
お店の人に渡すとお弁当は温めてくれます。
お店によっては可愛いディズニーの器に乗せてくれたり。
後はわたしの頼んだ御膳のお味噌汁の上汁で注入しました。
夜の注入は所々にベビーセンターがありそこにはお湯、水、オムツ替えと充実しているのでそこで作ってベビーカーに付けた点滴棒でぶら下げながら動きます。
ちなみに夜は園内に売ってるキラキラ光るペンダントをぶら下げておくとここに何かあるよーっていう合図になります!
うちは暗い時に外を歩くときは普段使いしてます笑

車椅子のゆうのすけも介護する私たちも心から楽しめるディズニーは本当に素晴らしい場所だと思います。
まさに夢の国。
また少し暖かくなったら行こうね!

事前に自分たちで確認しておく事は大切だと思います。
救護室、お湯などもらえるベビーセンター、トイレの場所、パレードの車椅子優先エリア。
行く前に問い合わせしたり周りのスタッフの人に聞いてみたり、、、。
外が暗くなってくるとベビーカーや車椅子は人ごみに入るとわかりにくく歩いてる人にぶつかることが多いのでこちらも気付いてもらう努力が必要です。
キラキラペンダントオススメですよ☆

ケアチャネルより一言

ベビーカー=車椅子っていうシールも普通にあったり、ペースト食への対応もごく当たり前といった感じは、さすがディズニーですね☆
ゆうのすけくんもご家族もめいっぱい楽しめたようです(^^)

ゆうのすけのWonderful Life

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況などを踏まえ、お客様の自己判断で実践してください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント