医療ケア児と東京旅行⑤☆旅行最後はミュージアムへ(気管切開)

対象者

性別
年齢 11歳
診断・症状 気管切開 気管狭窄

実践者

保護者(母) ①②③④からの続きです。

東京旅行いよいよラストの日

昨日のディズニーランド18,500歩の影響もなく元気に起きられました(◕ᴗ◕)v
(足裏サロンパス効くね☆)

目的地は・・・藤子不二雄ミュージアム♪

ホテルから比較的近く電車も乗り換えなしで行ける所でした。

南武線で登戸駅へ

ハウツー

この日も通勤ラッシュを避けるために早めに出たので登戸駅で朝ごはん(ドトールコーヒーにて)

この駅からシャトルバスに乗りました。
このバス
忘れたけど3?4?台
色ちがい、柄ちがいであるらしいです。

んで到着〰️♡(外観を撮り忘れました)

少し早く着いたので入場までならんでいたら・・・

竜が「ママ、お口の中が変」と(◔_◔)?。

???
「ピリピリしびれて痛気持ち悪いよ」

え〜(꒪д꒪)lli|!?!?!?

すぐに思ったのはよここが以前大好物で毎日のように食べていたのにある日突然「なす」でアレルギーが出たことが、あったのです

口のなか特に口内天井と舌突然のジリジリ焼けた感じとなんだか痒い様な

あの時はもうビックリでしたよ(*≧ε≦*)
このまま気管まで炎症が広がってアナフィラキシーショックになるんじゃ?と・・・

結局この時氷を口にいれていたりして30分位続きましたがそれ以上症状は進まずそのまま治まりました。
超焦ったぜ


舌裏?だけの違和感のようなのでのど飴をなめさせ気晴らしさせたり水でうがいしていたらどうにか落ち着いたようでした♡

マジで焦ったよ〜
ただでさえ気管が閉塞してる病気なのにね〜
やめてよ、もうぅぅぅ〰️(;☉∀☉;)

でもなんだったんだろうか。
竜がさっきドトールコーヒーで一人だけ食べた「ナンカレードック」。
あれか?
何かのスパイスにアレルギー出たか?

こ、怖い(,ºoº,)
いつ、何で出るかわからないアレルギー症状初体験でした。


さて無事に館内へ入場。

ここも最初の「展示部屋」は撮影禁止。

昔の携帯電話のような形(縦長の)の説明機械を一人づつ貸してくれました。
しかも大人用と子ども用がある。

展示に番号がふってあるのでその番号を押すだけで電話みたいに聞けるのでとても簡単でした!
そして撮影OKエリアへ

なんかカラフルで可愛かったです♡

んで1番お会いしたかった・・・
きれいなジャイアン様(♡▿♡)
屋上エリアは・・・

どこでもドア
空き地のドカン
レストラン前でジャイアンと。
よここの好きな「コロ助」もいたよ♡

パパの好きなパーマンはお昼寝中でした笑っ(˃∇˂)
んで竜が絶対食べたかった

アンキパンのフレンチトースト

あとドラえもんのカレーと
名前忘れた
梅干し星?のラーメンだったか?を、とりあえず1番安かったから注文。

ごめん言わせて!
た、高い〜(꒪д꒪)lli|
キャラクター代金だね。

そしてお買い物へ

竜はやっぱり「アンキパンのラスク」

よここも、ピアノの生徒さんたちへ購入したら、めっちゃ喜んで(うけて)くれました('ᴗ˂)
ミュージアムの出口には

うん、また来るね♡
さぁーホテルに荷物を取りに寄りいよいよ羽田空港へ

羽田空港でも秘密の部屋(救護室ね)で搭乗前に吸入ネブライザーをさせて頂きました。

手話フォンニュースでは見たことあったけど実物見たのは初めてでした

羽田空港内のクリスマスツリー2本。
ブルーのツリーのてっぺんが飛行機だ!、さすが空港

それと羽田空港限定飲み物?

カラフルなペットボトルだけどお茶なのね

博多だし!?
飲むの!?(˃∇˂)(˃∇˂)(˃∇˂)
この旅行でのもうひとつの初体験は・・・

初めての
ピッと、ね(*‾◡‾*)

・・・ということでとりあえず熊本からの東京旅行3泊4日のご報告でしたぁ~('ᴗ˂)v

また家族で一緒に楽しいことたくさんしようね~♡

お付き合いいただいた皆様長くなりました。
ありがとうございました♪

ラストにもう一度

帰宅して19日過ぎましたがやっぱりまだ花やしきのフリーパスバンドは取っておりません
嬉しすぎて取る気がないようです(*≧ε≦*)

ケアチャネルより一言

東京シリーズ、最終章☆
最終日も大満喫の竜くんです♪そして初体験のピッ!!大きな社会体験(^^)
手首につけている花やしきのフリーパスバンドが全てを表してます(^_^)
充実の3泊4日お疲れ様でした☆

竜&よここ☆気管・喉頭狭窄ばってん元気ばい

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント