• トップ>
  • お出かけ・旅行>
  • ディズニー利用時のケアスペース☆予約が出来るのもポイント(訪問看護ステーション ベビーノ)

ディズニー利用時のケアスペース☆予約が出来るのもポイント(訪問看護ステーション ベビーノ)

対象者

性別 指定無し
年齢 指定なし
診断・症状 サポートが必要な新生児・小児

実践者

訪問看護ステーション ベビーノ ベビーノっこママが、ディズニー情報を教えてくれました♪

いうことで、ディズニーネタで(^_-)

医療ケアのある方・お子さんが、ディズニーリゾートを利用する場合、今までは救護室を利用していたかと・・

それがどうやら今年の初め辺り?から、新しいサービスが始まったようです!

日常的なケアをご希望される方向けにスペースの貸し出しをしてもらえるそうです(๑˃̵ᴗ˂̵)

ハウツー

ホームページよりお借りしました♪

予約ができるのが大きなポイント!!ちゃんと事前に伝えておけることで、安心して利用できますよね(*^^*)

酸素ボンベや保冷剤など、必要な物品を預けられるのはもちろんのこと、取りに来てもらえたり、持ってきてもらえるようです♪これもとても助かりますね!

目に見える医療ケアが無くても、日常的なケアが必要なお子さんはたくさんいます。

混んでいる場合救護室には、そのようなお子さんは入れてもらえなかったりすることもあったと聞きました。そして、救護室のスタッフに心無いことを言われたことも・・

この日常的なケアが必要な方向けの場所ならば、きっとそのような嫌な思いはしなくてすむのではないかな??そうだといいなぁと思います☆

遊びに行く時には、しっかり予約をしてから、万全の体制で、楽しみたいですね(*´꒳`*)

詳しくははこちら!!

ケアチャネルより一言

特別なケアではなく、『日常的なケア』をしやすい環境、場所が増えているのはとてもうれしい(^^)
毎回必要なだけに、1日何回も救護室を往復する事も・・・。
救護室を拠点として動くと移動に時間もかかってしまうので、より使いやすくなって、さすが夢の国といったところでしょうか☆

まめまめ日誌〜訪問看護ステーション ベビーノ

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント