車椅子全体がウエディングドレスに☆結婚式のプロジェクト(脊髄性筋委縮症)

対象者

性別
年齢 20歳代
診断・症状 脊髄性筋委縮症 電動車椅子

実践者

本人 たくさんの方に祝福されて結婚式をあげました。本当にうれしかった♪
車椅子を覆うウェディングドレス、イメージはぜんぜん想像できませんでしたが、車椅子全体がドレスになるなんてロマンチックですよね☆

ハウツー

①結婚式の3か月前からはじまったウエディングドレスプロジェクト☆勝手に立ち上げましたが…大成功に終わったと思います。
②後姿です。背中にあるリボンが好評でした♪
本当はレースを引きずるようにしたかったけれど、車椅子のタイヤにからまるのでやめておきました。
③私の使っている車椅子の画像を送り、そこからデザイナーさんが考えてくれました☆いかに、車椅子を目立たせないことかがテーマです。
④そうして出来上がって届いた完成品のドレス。試着もしました♪

今回協力してくださった企業さんはメモリアルウェディングさんです。ドレスは38800円でした。(2012.3)車椅子カバーもお安かったです。お値段は、形状によって異なるので相談してみてください。

ケアチャネルより一言

車椅子がウェディングの妨げになってはならないーーそういったものの象徴のようなウェディングドレスです☆
デザイナーさんのセンスも素敵ですが、周りの理解者、そして旦那様のサポートも含めて素敵ですね(^^)


車いす結婚生活、私σ(´∀`me)障害者☆

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント