ホスピス・こどもホスピス病院 こどもホスピス 医療短期入院(入所) 

入所施設

お役立ちサービス内容

【2017年2月末日にて閉院、その機能を淀川キリスト教病院(本院)に移転いたします。詳しくはこちら

●短期入院
重症障がい児(者)を対象とした個室利用で、最大18㎡の広さです。利用目的は家族の行事や休息、冠婚葬祭、出産など様々で、登録者の緊急入院の受け入れも対応しています。

●緩和ケア
最大33㎡の広さがあり、バス、トイレ完備でご家族一緒にご利用になれます。こどもホスピスの利用は終末期だけではなく、他施設でがん治療中、治療の間の寛解期にご家族と一緒に過ごすプランや、食事やお出かけプランなどお子さまとご家族が有意義に過ごせる「夢企画」があります。体験入院としてもおすすめです。
①医療短期入院(入所)はご家族の休息や体調不良、冠婚葬祭、きょうだいの行事、ご出産など在宅生活を支援する入院です。
医療的ケアの必要な重症心身障がい児者の方でなお経管栄養や気管切開、人工呼吸器を使用中の方も利用できます。
②お部屋は全て個室になります。
福祉での利用は個室差額料の負担はありません。医療での入院は1日3,240円(税込)の個室料がかかります。
利用時は、使用しています薬剤、経腸栄養剤、人工呼吸器、医療備品など利用期間に合わせてご持参願います。
退院薬や衛生材料はお渡しできませんのでかかりつけ医にご相談ください。
③『障がい福祉サービス受給者証について』
障がい者総合支援法に基づく「重症心身障がい児者等医療型短期入所」の実施機関として許可を受けていますので、障がい福祉サービス受給者証が必要です。お住まいの各市町村の保健福祉センターにお問い合わせください。
利用期間はご相談させていただきます。

事業所情報

事業所名 宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション
淀川キリスト教病院 ホスピス・こどもホスピス病院
住所 〒533-0033 大阪市東淀川区東中島6丁目9番3号
電話番号 0120-364-4890120-364-489

2009年、世界で初めてのこどもホスピス“ヘレン&ダグラスハウス”を創設(1982年)された英国のシスター・フランシス・ドミニカが、当院を 来訪され、日本におけるこどもホスピスの創設を希望されました。私達はその素晴らしい働きに感動し、2012年11月1日、日本で初めてとなる医療型ホスピス・こどもホスピス病院を、新病院移転後の旧分院に開設いたしました。私達は、小児がんや重い難病のこども達が、家庭的な環境の中で安心して医療を受けることができ、そのご家族の在宅ケアによるご負担も軽減することができる施設運営をめざしています。
この<ホスピス・こどもホスピス病院>設立を通して、重い病気や障がいを背負って生きているこども達やそのご家族の皆様を温かくサポートし、明るい光をもたらすことができればと切望するものであります。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント