利用者さんと向き合う訪問看護事業☆ユニケア訪問看護ステーション〜前田信二郎先生①〜

インタビュー

求人ページはこちら
大阪府にある株式会社ユニケア。訪問看護ステーションと障がい児通所支援事業所を運営していますが、その取締役である前田信二郎さんにお話を伺いました。

医療と福祉
インタビュアー:本日はお忙しい中、お時間いただきありがとうございます。よろしくお願いいたします。

前田さん:よろしくお願いします。

インタビュアー:さっそくですが、前田さんはユニケア訪問看護ステーションで働くまでは医療法人のほうで訪問リハビリを行っておられたそうですね。その頃から精力的にさまざまな取組みをされていたと伺いました。

前田さん:そうですね。今と同じように前職も理学療法士としてリハビリを通して利用者さんと接していたわけですが、その頃から多職種による地域ケアというものの重要性を感じておりました。例えば、地域ケア研究会というものを立ち上げて、多職種の方が事業所の垣根を越えて一つのチームとして機能することを目指したりしていたんですが、こちらは今も継続して行っています。

インタビュアー:地域ケア研究会。それは具体的にはどういったことをするのでしょうか?

前田さん:一人の患者さんの周りには本当に様々な方が関わっておられますよね。ケアマネさんや福祉用具専門相談員さん、地域包括の方、医師や看護師、ヘルパーや私たち療法士など、数えればキリがないくらいいらっしゃいます。ですが、おそらくほとんどの方が何となく感じているかもしれませんが、医療、特に在宅医療と福祉というのはどうしても溝があって。その溝をどうにか取り払うことはできないか?その溝はそもそもどうして生まれるのか?と考えた時、やはりそれぞれの役割を知らないから、ということに尽きると思ったんですね。
インタビュアー:確かにそうですね。知っているつもりでもほとんど何も知らないかもしれません。

前田さん:そうなんです。まずは、お互いの専門分野で何をしているかを知ろうということで、大阪の寝屋川市で研究会を発足させました。初めはファミレスで集まるような小さな活動だったんですが、地域サービスがチームとして機能するという目標を達成するためには、もっと多くの方を巻き込まないといけないわけです。そこで医師会、薬剤師会、歯科医師会、僕たちが所属していた訪問看護ステーション協会で、まずは医療の方で大きく立ち上げて、福祉の方に入ってきてもらおうと考えたわけです。

インタビュアー:医療と福祉の溝を埋める、まさに橋渡しですね。

前田さん:一人の利用者さんの生活を見た時に、他の専門職のことを知っていればみんながコーディネーターになれますし、お互いの補填も自然とできるようになるはずなんですよね。「こういったサービスがあるよ」「それはあの人に聞いたらわかるよ」といった提案やアドバイスができれば、またそのような人が増えれば地域がチームとして機能することにつながると考えています。

インタビュアー:ですが、簡単にできることではないと思います。

前田さん:それはそうですよね。会の一つの形として、講演や勉強会のあとにグループワークをすることにしているのですが、確かに最初の頃は、同じグループにお医者さんがいたりするとヘルパーさんや看護師さんでさえもなかなか発言しづらい感じはありましたね。来ていただいているお医者さんはみなさんとても話しやすい雰囲気の方ばかりなんですが、やっぱりどうしても気後れしてしまいますよね(笑)
ところが、回を重ねるにつれてグループワークも活発になってくると、発言もどんどん多くなっていきました。お医者さんとしても、在宅での生活の情報というものは必要ですし、より積極的に質問をしてくれたり、そんなオープンなお医者さんには周りの人も積極的に意見を言えるようになったり。
本当に変わったと目に見えてそう感じます。

第二弾へつづく・・・
利用者さんと向き合う訪問看護事業☆ユニケア訪問看護ステーション〜前田信二郎先生②〜

求人ページはこちら

事業所情報

事業所名 ユニケア訪問看護ステーション
住所 〒538-0042大阪府大阪市鶴見区今津中3丁目6-27シャトー三愛113号室
電話番号 06-4258-730006-4258-7300
FAX 06-4258-7322
サービス地域 大阪市(鶴見区、城東区、都島区、旭区、東成区)
東大阪市、門真市、守口市、枚方市、寝屋川市
上記以外の方でもお気軽にご相談ください。

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント