NPO法人「医療と介護のボランティアさくらい」〜中川征士代表①〜

インタビュー

地元である奈良県桜井市で「医療と介護のボランティアさくらい」というNPO法人を立ち上げ、活動をなさる中川さん。どのような活動を通して、地域の課題解決をなさっているのか、その取り組みや想いを伺いました。
住民や企業とともに
インタビュアー:中川さんは「医療と介護のボランティアさくらい」というNPO法人を設立されましたが、そのNPO法人では、どのような取り組みをしているのでしょうか。

中川さん:私たちの法人では、医療や介護の専門家と地域住民や地域の企業さんとが連携して、まちづくり活動をしています。

インタビュアー:医療や介護の専門家だけでなく、住民や企業を巻き込み取り組みをなさっているのですね。具体的には、どのような取り組みをなさっているのでしょうか。

中川さん:一つは「暮らしの保健室」という地域住民を対象とした医療や介護の相談窓口を開設しています。
ただ、医療や介護などの個人的な相談を目的に、初めて私たちのところへいらっしゃる方はそういません。
地域住民とともに活動することで信頼度が増したり、口コミが広がったりします。それは双方にとってのメリットになります。
また企業との連携に関しては、企業イメージのアップをお手伝いさせていただく代わりに、場所の提供や資金提供をいただいております。
暮らしの保健室という相談窓口はたくさんの住民さんや企業のお力を借りて運営しております。
双方のメリット
インタビュアー:様々なセクターと連携のもと、相談窓口を開設されているのですね。その連携の秘訣はなんでしょうか。

中川さん:双方のメリットがあるかどうかが重要だと思っております。
企業協賛いただいているところには、認知症サポーター講座などを実施しておりまして、受講いただいたお店などは認知症マップとして掲載させていただいたりしております。
私たちの「認知症の方々が社会参加できる地域を創りたい」という想いと、企業側の「地域社会に溶け込んだお店でありたい」という想いが共通するからこそ、互いに協力できるのだと思います。

インタビュアー:お互いにメリットのあることを考えるのは非常に重要なポイントですね。たくさんの方とともに地域づくりをされているとのことですが、NPO法人のスタッフは医療や介護の専門家が中心となり構成しているのでしょうか。

中川さん:はい。中心となるのは医療・介護の専門家です。現在20名弱のボランティアスタッフがおり、住民や企業のサポーター会員が30名弱おります。活動をしていく中で、徐々に増えており、いくつかの部門に分かれています。
Go to the people:住民のもとへ
インタビュアー:50名ほどの会員がいるのですね。運営はどのようにしているのでしょうか。

中川さん:ボランティアスタッフの方々を中心にいくつかのチームを作っています。
一つはチーム寸劇というのがあります。認知症啓発を寸劇を通して取り組もう!というチームなんですが、これは毎月2回開催している打ち合わせで出てきた案をもとに、チームが形成され、実際に動き出したものです。
会員になる方はみなさん自発的で熱心な方が多いです。
ですので、NPO法人として資金や人材管理を適切に行うだけで、それぞれが取り組みたいことを実践できるようになっています。やりたいことを実践できる場づくりを意識したNPO運営を大事にしています。

インタビュアー:熱心な方々により構成され、毎月二回の打ち合わせをしているんですね。自分たちのしてみたいことを形にする、というNPO法人のスタンスは良いですね。

中川さん:はい。スタッフの皆さんも、それぞれ地域活動を通して、学ぶことが多いようで、普段の業務に活きたとコメントくださる方もいます。
医療や介護の仕事は待っていても来ますが、こうして地域に出向き、地域の課題解決を自らするというのは非常に学びの多いことであることをスタッフからの声を通して私も学びました。
「Go to the people:住民のもとへ」という長野県佐久病院の故若月先生の言葉がありますが、医療や介護に関心を持っていただくには、われわれが出向いて行くことが非常に重要であると再認識させられます。

インタビュアー:「住民のもとへ」。だからこそ、住民や企業との連携にはより意義がありますね。

第二弾へつづく・・・
NPO法人「医療と介護のボランティアさくらい」〜中川征士代表②〜

団体情報

団体名 医療と介護のボランティアさくらい
主な活動地域 奈良県桜井市
電話番号 050-3634-0151050-3634-0151
メールアドレス sakurai.hokensitsu@gmail.com
ホームページ 暮らしの保健室さくらい

活動内容
暮らしの保健室活動
暮らしの保健室とは…気軽な医療・介護の相談窓口です。
医療や介護の専門スタッフと住民ボランティアで運営しており、地域住民の元へ出向いて出張相談会を開催したり、健康講座・運動教室を開催しています。

学習会
医療介護の専門家や医療や介護に興味のあるボランティアを対象に、学習会を開催しています。奇数月はボランティアスキルアップ講座・偶数月はトップランナー(外部講師)を招いて専門的な学習会を開催しております。

企業イメージアップ
数か所の企業さまに協賛いただいておりますので、その企業さまのイメージアップに取り組んだり、認知症サポーター講座等の開催、従業員の医療・介護相談を実施しております。

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント