かなえるリハビリが大事にしていること(後編)☆かなえるリハビリ訪問看護ステーション②

インタビュー

前編はこちらから
かなえるリハビリが大事にしていること☆かなえるリハビリ訪問看護ステーション①
インタビュアー:ご家族へのサポートについてはどのようにお考えでしょうか?

関本先生:そうですね。まず前提として、障がい育児をされているお母さん、ご家族はお子さんに普通の経験をさせてあげたいという想いがあります。特に私たちは在宅生活の支援をしているわけですので、いかに日常を過ごせるかといった工夫する力を持ってもらうためにアドバイスもしていかないといけません。それは専門職の責任でもありますし、専門的なリハビリも必要な時に利用してもらうのが大事だと思っています。私たちが風邪をひいた時に病院に行ったり、太ってきたら運動したりするのと同じですよね。

インタビュアー:日常を維持するサポートは在宅生活に関わる専門職に求められることです。

関本先生:少し具体的な話になるんですけど、働きたい、趣味の時間が欲しいというお母さんの自己実現もバックアップできるようにと考えています。そんな視点も持って取り組んでいます。

インタビュアー:確かにひと昔前よりは、社会資源も増えつつあり、障がい児育児を取り巻く環境も変わり始めているかもしれません。

関本先生:増えていると言ってもまだまだ足りませんが、少しずつ地域に貢献できる専門職の方が育って欲しいと思います。
インタビュアー:今後、かなえるリハビリで働きたいと考えている方もいらっしゃると思いますが、専門職に期待することを改めてお聞かせいただけるでしょうか?

伊藤先生:療法士というものはキャリアデザインは変わっていくものだと思っています。利用者さんにとって自分がいらなくなるのが一つのゴールなんですよね。
そこでまた違うニーズや違う視点が生まれたりすると思います。そうした時に自分を変えられる部分は変えて、利用者、地域に貢献して、地域の社会資源になってもらえればと思います。

インタビュアー:新入職への方へのサポートはどのようにされているのでしょうか?

関本先生:座学の勉強会や臨床現場での指導などの研修の他、フォローアップ研修も行っているので、在宅訪問の経験がなくても大丈夫です。経験豊富なスタッフもたくさんいますし、相談やアドバイスも頻繁にできます。

インタビュアー:若い方にもどんどんチャレンジして欲しいですね。

伊藤先生:そうですね。以前お話しさせていただきましたが、街に勤めるつもりで、飛び込んできてほしいですね。
なかなか小児の場合、高齢者と違ってチームで支えるということが難しかった時代もありましたが、今では役割を発揮しやすい環境になってきました。街の資源も増えて、特にかなえるリハビリでは、若い専門職の方でも自分の得意を活かせると思っています。
まずはぜひ見学に来ていただければ嬉しいですね。

インタビュアー:本日はどうもありがとうございました。

事業所情報

事業所名 かなえるリハビリ訪問看護ステーション
電話番号 〒550-0015 大阪市西区南堀江1-16-15 名城ビル4階D号室
電話番号 06-6531-350006-6531-3500
FAX 06-6531-3510
サービス地域 大阪市内全域・大阪府下全域

関連するまとめ

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント