高齢者からお子さんまで〜専門職の枠を超えて☆東京リハビリ訪問看護ステーション②

お役立ちサービス内容

求人ページはこちら
第一弾はこちらから
高齢者からお子さんまで☆東京リハビリ訪問看護ステーション①
地域での役割とは
インタビュアー:訪問リハビリ・訪問看護に必要な要素は何でしょうか?

竹中さん:技術や知識はもちろん必要ですが、訪問の現場では広い視点と対応力が重要になってくると思っています。

インタビュアー:広い視点というのは具体的にはどのようなことでしょうか?

竹中さん:リハビリや看護のことだけを考えるのではなく、取り巻く地域との関わりであったり、医療・介護の保険制度のことなどにも目を向けられることですね。そうした広い視点を持っててこそ、利用者さんにも幅広く提案することができます。

インタビュアー:なるほど。では対応力というのどういうことでしょうか?

竹中さん:広い視点を持つということにもつながるのですが、特に在宅では利用者さんの生活環境も違えば、私たちができることの幅も違います。そうしたものにどのように対応していけるか。これが大事になります。
インタビュアー:地域との関わりという面でも貢献するのが訪問する看護師や療法士の役目でもあるわけですね。実際、東京という地域を広くカバーされているわけですが、その中で取り組んでおられることはありますか?

竹中さん:東京リハビリは拠点の数も12箇所と多く、色々な地域に訪問しているのですが、そこで地域差というものも感じます。同じ東京なのに自治体によってやはり違うんですよね。地域をつくるということも訪問看護ステーションの一つの役割ですので、積極的に自治体に顔を出したり、地域包括ケアに関わっていくようにしています。どうせ地域は変わらないだろう、と諦めるのではなくて、前向きに関わっていければいいですよね。

インタビュアー:地域に出るためには何をしたらいいのか、というのがわからない方もいらっしゃると思います。具体的にどのようなことに気をつければいいでしょうか?

竹中さん:私たちは制度の枠の中で訪問していますが、その限られた時間の中で、利用者さんからいかに多くの情報を引き出して提案できるか、いかに自立できる環境を整えられるかが大事です。こういったことは知識や技術ではないので研修で身に付きません。コミュニケーション能力、マネジメント能力、人をみる能力が必要なのですが、実際に感じて考えることで培われるものだと思います。地域に出るには、そういった能力を発揮していくことが大切ですね。
インタビュアー:発達支援ルームのおれんじ学園も吉祥寺に設立されていますが、地域のお子さんが通われていると思います。おれんじ学園の特徴も簡単にお教えいただけるでしょうか?

竹中さん:一般的な児童発達支援の施設との一番の違いは、やはり療法士の多さですね。多くのご家族さんの支持をいただいているのも、療法士による専門的な療育が受けられるということが大きいです。これは同時に、小児を専門的にみることができる療法士を育てることにもつながっています。小児の訪問リハビリをやりたいと考えながら、なかなか足を踏み出せない方もいらっしゃいます。そういった方に、実際にお子さんとの接し方などを学んでもらえます。

インタビュアー:こうしたデイサービスが地域にあることが直接的な支援になりますが、小児を担当できる療法士が地域に増えることも、間接的な地域貢献になりますね。

第三弾につづく・・・
高齢者からお子さんまで☆東京リハビリ訪問看護ステーション③

求人ページはこちら

事業所情報

会社名 株式会社東京リハビリテーションサービス
住所 〒101-0052 千代田区神田小川町1-8-8 OCT KANDA Building 6F
電話番号 0422-70-12170422-70-1217
FAX 0422-70-1218
事業所 東京リハビリ訪問看護ステーション
東京都
(荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 北区
江東区 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市
品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区
世田谷区 台東区 中央区 調布市 千代田区
豊島区 中野区 西東京市 練馬区 府中市
文京区 三鷹市 武蔵野市 目黒区)
上記以外の地域も訪問しておりますのでご相談下さい。

ケアプランセンター中野
子ども発達支援ルーム おれんじ学園

株式会社東京リハビリテーションサービス
東京リハビリ訪問看護ステーション
 サテライトNorth
 サテライト中野
 サテライト練馬
 サテライト小金井
東京リハビリ訪問看護ステション East
 サテライト城南
 サテライト江戸川
 サテライト台東
 サテライト千代田
東京リハビリ訪問看護ステーション 調布
 サテライト世田谷
ケアプランセンター中野
子ども発達支援ルーム おれんじ学園

ケアチャネルを購読・シェア

ケアチャネルの記事を購読するには、Facebookが便利です。

この記事をあなたの友達にも教えてあげたいときは、シェアをお願いします。

  • LINEで送る

このハウツーへのコメント