ハウツー記事

色んなオモチャを試してみる☆オモチャを使った感覚遊びでリハビリを(ウエスト症候群)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

15年03月11日 ・ 違反報告

0

2015.03.11

色んなオモチャを試してみる☆オモチャを使った感覚遊びでリハビリを(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 2歳
診断・症状 ウエスト症候群
気管切開 胃瘻

実践者

保護者(母) 指先を使った遊びをたくさんしていくため、リハビリの先生がたくさんの玩具をもってきてくれました。いくつか紹介したいと思います♪

ハウツー

まずは、音が鳴る鍵盤付きのオモチャ。
さっそく目を閉じて拒否の態勢に入ったので、トゲトゲボールで刺激を与えてみました(上の写真で右手でコロコロしてるボールです )これでも全く動じない・・・以前、療育で人工芝を触って大泣きだったのであれくらいの激しいのが効くのでしょうか??
握りこんだ親指を出したいので、握れるオモチャも挑戦!
ボヨボヨする感触が不思議だったのか?お目目を開けて考えてました。握るとピカピカ光るのも面白かったけど、分かってくれたかな~
新しいオモチャの偽バナナ。
本物のバナナのような感触で気持ち悪い!!!(母はバナナが嫌いなのです。)
息子にも気持ち悪い感じが伝わったのか、顔に当てると表示が固まりました。嫌な感触っていう体験も必要だけど、バナナは勘弁ー!
そうそう!息子にバナナ持たせて顔に当ててたら、なんと手を下げてバナナを拒否したんです。偶然かもしれないけれど、よく出来ましたー☆
木のボールがたくさん付いたオモチャ。
手で触ってみたり、足裏でコロコロして遊んでみました♪反応は薄かったかな??でも、いつも緊張で引きあがってる腕を下がっていて、手を下げて上手に遊べました。

コツ・ポイント

色んなオモチャで遊んでみたけど、やっぱり息子が1番好きなのは、激しい動きの遊びな気がします。手を開いたり、足を使ったり・・・リハビリしながら遊ぶのも大事だけど。難しいこと考えずに、兄弟で激しく戦ってみたり(もちろん母のサポートあり)、強引に抱っこされたり、乗かってこられたり。ゆっくり時間かけてリハビリしてあげる時間と、家族でワイワイ遊ぶ時間。2つの時間を上手に使って、刺激をたっぷり与えたいと思います。

*星に願いを*

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性等を何ら保証するものではありません。

  • 0
  • 0

あそび 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

関連するハウツー記事

コメントする