ハウツー記事

気切っ子の普段使っている道具☆モニターやコミュニケーションツールなど(気管切開)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

18年01月01日 ・ 違反報告

0

2018.01.01

気切っ子の普段使っている道具☆モニターやコミュニケーションツールなど(気管切開)

対象者

性別
年齢 11歳
診断・症状 気管切開 気管狭窄

実践者

保護者(母) まずは
酸素量を計る携帯用の機械!

ハウツー

竜之佐の手です。
NICUで使っていた本格的な物も持ってますが、退院後一年間、寝るときや体調不良のときに使ってました。

この携帯用は、大人用なので、指が小さな子供は正確な数値が出にくいこともあります。
次はコミュニケーション関係
私も全くわからなかった指文字。
この絵本が大好きだった竜之佐と、一文づつ照らし合わせながら読んでました。
そして表に文字、裏には指文字・・・のカード。一枚一枚ラミネートして手作りしました。
「手話や指文字、教えるの大変だったでしょ?」とよく聞かれますが、なんだか、かってに覚えてくれました
文字表。
自宅・実家・幼稚園・外出用、と作りました。幼稚園の先生方、ジジババとは大活躍中
そして今、会話補助機ペチャラ。
入力した文字を発声してくれる機械をレンタル中。
声の設定が、男性・女性・男の子・女の子と変えられ、SDカード保存も出来る。
ひばり園で使ってたので、もう使いこなせるけど・・・なぜか補助金受けるのに熊本市は小学校から!と年齢制限あり(県内で熊本市だけ!他市はいまでもOKなのに!意味不明)。10万円ならやっぱり補助金受けたいからレンタル中なんです
あとは、
カニューレ首ベルトと、バンダナ。
花柄とかの女の子柄はたくさんあるけど、渋い柄見つけるの大変よ~
同じ気管切開っ子ママさん
いろいろ大変だけど、頑張ろうね~

そして、竜之佐を応援してくれてる皆様、いつも読んでくださってありがとうございます
  • 0
  • 0

医療的ケア 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

コメントする