ハウツー記事

ママの気持ちの余裕のなさ☆わかってくれる誰かがいるのはありがたいこと(二分脊椎症)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

19年12月17日 ・ 違反報告

0

2019.12.17

ママの気持ちの余裕のなさ☆わかってくれる誰かがいるのはありがたいこと(二分脊椎症)

対象者

性別
年齢 9歳
診断・症状 二分脊椎症

実践者

保護者(母) チョキチョキ行動の余談(が長い)

ハウツー

久しぶりの再会
ちょっとだけでもできたランチ。
相変わらず延々とチョキチョキチョキ
チョキチョキチョキチョキするママ。
待て!"状態のちびっ子に…
Y先輩ママ
「ちびっ子くん、ママカット上手だねぇ」

何気ないそんな一言に…

ママ
「カットの時間と労力が報われる」
フードコートでもファミレスでも
ちびっ子に外食をさせてあげたい!
の気持ちのチョキチョキ行動ですが

「(あの人…何してるの?)」

と言葉のない視線を感じること多し。
(※被害妄想もあると思います)

切る時間長いですしね!
ハサミでなくシュレッダーハサミですしね!
マイアイテムetc...を並べてますしね!
トロミ餡作り始めますしね!
混ぜ始めてまた切り始めますしね!
黙々と潰し始めたりしますしね!
仕上げにもトロミ餡かけちゃってますしね!
もはや原型とどめない創作料理!

状況を知らない人から見れば
ママの行動は不思議(変)でしかないかと。
チョキチョキ行動を「上手だねぇ」
なんて誉めてくれる人はいません。
(※あたりまえ)

ママの本音。
準備の時間の面倒くささも。
ちびっ子が食せるまで切る労力も。
自分がお腹空いてるのは絶対後回し。
食べたい物もベストで食べれないけど。
(のびたり冷めたり固くなったり)
ちびっ子に外食させたいなら当たり前…
と思ってはいるけど。
ちびっ子にこのカット時間と労力が
伝わらないこともわかっているけど。

「ちょっと待ってて!!!」
と、ちびっ子に怒ることしばしば。

「ママだってまだ食べれないんだから!!!」
と、ちびっ子にあたることしばしば。

(※大人気ないかもしれませんが)

「もう少しだから!!!」
「わかってよ!!!」
「お願いだから!!!」

ちびっ子、
ママの気持ちの余裕のなさから
八つ当たりに見舞われることしばしば。

(※大人気ないかもしれませんが)

だけど誰かがその労力に
やわらかな言葉をかけてくれると
余裕のない気持ちが緩和されます。
ママ、涙でそうになる。

単純。

状況をわかってくれる誰かがいること。
ありがたいですね。
Y先輩ママありがとう

ママ
「これからも(面倒でも)頑張って切ろう!混ぜよう!潰そう!」

決意と反省。
(※その気持ちが続きますように)

引用元

だいだいだい好きな宝物

※記事内で紹介している器具・製品等は、当該器具・製品等の取扱説明書等をご覧の上、正しくお使いください。記事内で紹介している器具・製品等の使用方法を含め、記事内の方法は、あくまで体験者の実践している方法であり、当社において安全性や症状の改善・効果等を何ら保証するものではありません。実際に実践される場合には、当該対象者に対して実践可能な方法かどうかなどについて、医師等の専門家にご相談の上、かかる専門家の指導の下、実践してください。

  • 0
  • 0

身だしなみ  食事 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

コメントする