ハウツー記事

びっくりした話☆たくさんの先生方のおかげで(ウエスト症候群)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

19年10月17日 ・ 違反報告

0

2019.10.17

びっくりした話☆たくさんの先生方のおかげで(ウエスト症候群)

対象者

性別
年齢 6歳
診断・症状 ウエスト症候群

実践者

保護者(母) やっと涼しくなって9月が終わる。。。
今月はなっつの用事で外出してばかりでした。
そんな中、やっと映画見に行ける!といちばん遅い時間に見に行って、帰ってきたとたんにクッションの上で行き倒れるほどに疲れてました。
どーもかーちゃんです。
漸く少し落ち着きそうです。。。

ハウツー

今月は神経内科の定期受診でした。
主治医の先生が産休中なので、代診の先生に診ていただきます。
前回の産休のときとは違う、てんかん学会の専門医の先生。
電子カルテを確認しながら治療の経過を話していくと、

『覚えてます!途中で(ACTH)ストップしましたよね。
 あれから発作ないんですね!』

(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?


5年以上も前のことだったのに!
たくさんの子を診ているのに覚えていてくれているってことは、
なっつの症例は珍しかったってことなのかな。

発達のことや就学のこともひと通りお話しし、
『順調ですね』
と言っていただき、継続で薬を処方していただいて終了。
あと1~2回はこの先生に診ていただきます。

このあと臨床遺伝科にも
まだ解析は続いています、とのことでした。もうすぐ4年になります。
潜因性なのか症候性なのかはいまだにわからず。

車椅子に試乗。
このあたりのお話もまた追って…
  • 0
  • 0

医療的ケア 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

コメントする