ハウツー記事

耳鼻科 受診 もろもろ☆声を出す練習前の診察メモ(気管切開)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

18年10月05日 ・ 違反報告

0

2018.10.05

耳鼻科 受診 もろもろ☆声を出す練習前の診察メモ(気管切開)

対象者

性別
年齢 3歳
診断・症状 気管切開 経鼻経管栄養 内反手 声帯麻痺
ゴールデンハー症候群

実践者

保護者(母) 先日、めいさんの耳鼻科受診に
こども医療センターに行ってきたので
忘れない為の自分用健忘録。

ハウツー

いつも、こども医療の耳鼻科は混んでて
1時間なんて余裕で待つのに、
受付したら、
15分くらいで呼び出し番号が( д) ゚ ゚

中に入ると、
いつものショートカット女医さんではなく、
初めましての男の先生。

めいの過去のカルテを見ながら、

①耳
(1cm程のデカイ耳糞取ってもらった)

②気切孔(カニューレ)からカメラ
(モニター付きカメラが入らず、細いのでやり直なおし、めいさんギャン泣き)

③鼻からカメラ
(めいさん大汗かきながらギャン泣き(TдT))

という一連のやりとりを済ませて。


STの先生からも挙がっていた
「カニューレを塞いで声を出す練習」
を、やってもいいかどうか?

これを聞いてみたんやけど。

ドクター曰く、
声帯の状態をカメラでみた際に、
声帯の周りに分泌液が多く溜まっていて
今はぴっちり閉じた状態で
麻痺してるから誤嚥は少ないけれど
発声練習をすることで
少しでも隙間が開くと、
そこから誤嚥して肺炎になる可能性があるし
あまりお勧めはしない。

という事でした。

チーン( ꒪⌓ ꒪)( ꒪⌓ ꒪)( ꒪⌓ ꒪)( ꒪⌓ ꒪)

更に、
声帯が動いてる様子もないし、
もし声がでるならば
声帯の隙間から気泡(分泌液の中に)が
上がってきてもいいのが
気泡は見受けられなかった。
本来、声帯は少しでも隙間があれば
発声できるが、
その隙間もなさそう。
無理に発声させて、声帯が腫れるのも良くない。

つまり、
現状維持って事っすね( ゚_゚ )


スピーチカニューレ、
付けさせてあげたいと思ってたんやけどなぁ。

本人は声を出す気がさらさらなくて
促しても、
カニューレちょっと塞いでみても、
声を出そうとはせーへん。(o´‸`o)


でも、この状態で
音声機能障害を申請していいか聞いたら
申請できないと、お断りされた。

ふむ。( ゚_゚ )

サイン、もっと増やしていかないとね。
  • 0
  • 0

医療的ケア  リハビリ 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

コメントする