ハウツー記事

熱帯環境植物館とミニ水族館☆えにっきを使って振り返り(脊髄性筋萎縮症)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

01月31日 ・ 違反報告

1

2020.01.31

熱帯環境植物館とミニ水族館☆えにっきを使って振り返り(脊髄性筋萎縮症)

対象者

性別
年齢 7歳
診断・症状 脊髄性筋萎縮症
気管切開 呼吸器装着 胃瘻

実践者

保護者(母) 三連休のナカビに、板橋区立熱帯環境植物館へ行ってきました。

正直あまり期待せず訪れたのですが、なかなか楽しめました!

ハウツー

植物館といえど、併設のミニ水族館は魚の種類が豊富で、初めて見る珍しい魚がたくさん!
車椅子から見やすい位置に水槽があるのです。

こーんな大きな淡水エイもいました。
花好きなばあば、蘭の展示即売会にて、張り切ってお買いあげ〜

植物館では野菜が育っていたり、マレーシア料理のカフェ、映像ホール、昆虫標本、図書コーナーもあり、隣は温水プールと、小さいながらも充実の施設でした。

駐車場は事前に連絡しとくと、入口すぐ横の身障者スペースを用意してくれます。

また会議室を授乳室として提供してくれてるので、会議室の長椅子でけんたんたんもコロンしてケアできました。
以下、けんたんたんがiPadで撮影した写真もいくつかご紹介します。
ナガクビカメのロッキー君。
動きが面白かったー!
けんたんたんが真剣に観察していた水槽。

なぜじっくり観察していたかは、家に帰った翌日に分かりました。

けんたんたんと水族館のことを『えにっき』入力してたら、けんたんたんが気に入った魚はカクレクマノミでもなく、大きなエイでもなく、上の写真の『透明な魚』だと判明。

家にある魚図鑑を見たところ、おお!
載ってるじゃありませんか!!


そのページをけんたんたんに見せて、『この中にあの透明な魚が載ってるかな?探してみよう』と声をかけて…

すぐ見つけました!
名前も確認。

「この魚も『えにっき』に書いて先生に教えてあげようか?」と聞いたら、即YESのサイン。

けんたんたんと一緒に考えた文章はこちら。

すいぞくかんでみた
とうめいのさかなを
ずかんでしらべました。
グラスキャットフィッシュ
でした。

長いけど、頑張って入力〜

今までは動物園も水族館も、単純に行って
見て、面白かったねーでおしまいだったけど、こういう振り返りは良いですね。
印刷し、ベッドサイドの窓に貼り付け。
『えにっき』はネタや時間的な問題、ママのパワー不足で、さすがに毎日は書けません…

でもコツコツ続けることで、少しずつ入力が上達してきてると感じます。

記録して、練習になって、見返して楽しめて、貼り出せば皆に褒めてもらえる『えにっき』、本当におすすめですよ〜( ^ω^ )

引用元

けんたんたんとパパとママ

※記事内で紹介している方法等は、あくまで体験者の対象者に合わせた実践例であり、全ての対象者の症状・状況に適しているものではなく、当社において安全性・効果・不具合の不発生等を何ら保証するものではありません。また、全ての施設において、記事内で紹介されている設備・サービスが実施されていることを当社において保証するものではありません。各施設等における対応・施設・サービス等は、お客様ご自身においてご確認の上、対象者の症状、性質、身体状況等を踏まえた上で、お客様ご自身の責任においてご利用ください。

  • 1
  • 0

あそび  お出かけ・旅行 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

コメントする