ハウツー記事

居住地校交流。☆3年生になって初めての参加(CFC症候群)

ケアチャネル事務局

ケアチャネル事務局

19年11月28日 ・ 違反報告

0

2019.11.28

居住地校交流。☆3年生になって初めての参加(CFC症候群)

対象者

性別
年齢 9歳
診断・症状 CFC症候群

実践者

保護者(母) 今年初めて居住地校交流に行きました。

ハウツー

1.2年生は迷わずパス。
ざわつきに耐えられる気がしなかったので。

6年の間にいつか行けたらいいし、べつに地域つながらなくてもいいか位の気持ちと
家からたまにみるランドセルを背負った子どもたちをみると
同じ小学生のとーちがここにもいるのに
誰にも知ってもらえないんじゃないかという寂しさがほんの少し。

複雑な気持ちですね。。。

毎年11月に学校の一番近くにある学校のお祭りに行く機会があります。
1年生の時は感染症がこわいのでパス。
2年生はちょっと行ってみるかくらいで。

子どもたちが考えたゲームや遊びをそれぞれの教室で体験できます。
雑音はげしい中←失礼
とーちなりに楽しんでるのがわかって
3年生は居住地校交流にチャレンジしたいと先生にすぐ伝えました。

とーちと同じ学年の子たちとふれあうのかなと思っていたら、支援級の子たちとの交流でした。
はじめはあれれれ??って思ったけど
すっごくいい。

とーちの過敏さを考慮してなのか、学校の都合なのかは知りません。
でも丁度良くて、とーちも居心地良さそうにしていました。

発達障害の子がほとんどで
知的の子もいるかな?

この市から小学生のうちから養護学校に行く子供は極わずかなのでもちろん居住地校交流の受け入れも初めてだったそう。

先月は2回目の交流。

とーちくんよく来たね、一緒に遊ぼうと声かけてくれる子。
なんで歩けないの?と何度も聞く子(笑)
全然OK。

先生はとーちくん何時に来るの?と朝から何万回も聞かれたと。

作ったレゴをゴロゴロスペースにいるとーちに見せてくれて、とーちも頷きながら真剣にみんなの動きをみていました。

この場面だけでも感動です。
一緒に楽しめるんだね。

アイロンビーズのプレゼントもくれました。

ハートと丸のは違う子が作っています。
しかも二人とも早かった。
この色彩感覚素敵。

車も飛行機もとーちに何色が好きか聞いてくれて、女の子と男の子が真剣にゆっくりと作ってくれました。

途中レゴを貸す貸さないとトラブル?になり
今日はとーちくん来てるんだから貸してあげようよ、というとーちに一番積極的に関わってくれる優しい男の子。

お昼になり片付けようとしたら
落とさないでよ、と何度も言うこがいて
きっと片付けするこは落とすんだろうなぁと思っていたら案の定。

ごめんねとすぐに謝ってたけど
いいよ、もう落とさないでね、と言いつつも涙を堪えてる姿が二人ともかわいかったなぁ。

そのあとももう落とさないでよ、ごめんね
と、何度も同じやりとりしてたけど。
1回目は校内見学して午前中に帰宅。
今回はこの市の給食が美味しいと噂に聞いていたので、ちゃっかり一緒に食べさせてもらえないかと聞くと快く引き受けてくれました。

わたしが食べたいのも一番だけど
とーちがこの空間にどう過ごせるのかも見てみたかった。

とーちの食事の摂り方がみんなと違うことが一番気になったので、それも確認してもらって。
それじゃなくても敏感というか感が強いというか、この状況が余計なスイッチを押してしまうんじゃないかと気になったので。

給食の準備がはじまると
コソコソととーちくん食べれないんでしょ?
しっ!そういうこと言わないの。
丸聞こえーーー(笑)(笑)

あっ、どの場面も大抵優しいあの男の子がカバーしてくれてます。


先生も説明をしてくれていたので、
こどもたちはわかっていたようです。

どうして食べれないの?と聞かれたら
わたしも口が敏感で食べれないんだけど
少しは家で食べてるんだよ、と説明。

ま、それでもどうして食べれないの??と何回も聞かれてたけど、なんか微笑ましかった。

授業のお邪魔になったかもしれないけど、
とってもとっても楽しかったです。
とーちもわたしも。


こどもたちは本当に無垢。
無垢、この言葉がピッタリ。
とっても面倒見の良い女の子はちょっとだけ手助けが必要な子のそばにいて
手伝ったりしています。

男の子が、○○ちゃんはね優しいから将来保母さんになるんだよー。って。

とっても癒されました、わたしがね。

とーちの成長した良い反応がみれたのがうれしかったのと子どもたちが無垢で本当にかわいかったので
学校にお礼の手紙を書きました。

とーちは養護学校を選択してたくさん引き出してもらってとーちらしさを大切に関わってもらっていて、予想以上に成長しています。

子どもたちの無垢な様子がとてもかわいくて癒されました。
子どもたちのその子らしさを大切してほしいな、と思っています、って。


アメンバー限定記事の件もあったし、
ちょっと先生の関わりで気になった場面もあったのであえて書きました。

遠回しだから気づいてもらえるとは思えないけどね。
↑ちゃんとバギーに乗ってるよ!
  • 0
  • 0

趣味・イベント  コミュニケーション 

このハウツー記事へのコメント

コメント(0)

この投稿にはまだコメントはありません。

関連するハウツー記事

コメントする